iDeCo (個人型確定拠出年金)

ライフプラン

自分で老後資金を準備するための制度です。
60歳までは掛け金を拠出し、給付金を受け取るのは60歳以降となります。
老後に備えて決まった金額を積み立て、投資信託や預金・保険などの金融商品を選んで運用する仕組みで、「掛金の拠出」「運用」「受取」の3つの段階で節税メリットを受けられます。

制度概要

  • 月々の掛金限度額は「年間14万4000円〜年間81万6000円」
  • 60歳になるまで投資が可能
  • 原則60歳まで引き出しが不可
  • 対象商品は、定期預金、保険、投資信託

掛金は全額所得控除

掛金の拠出は全額所得控除となります。

iDeCoの掛金は、所得控除の「小規模企業共済等掛金控除」にあたり、
所得から全額差引くことができる為、所得税と住民税の負担が軽減されます。

iDeCoの掛金は職業によって 拠出限度額の制限があります。

第1号被保険者

個人事業主
掛金は毎月5,000円~68,000円(年間で最大816,000円の所得控除)

第2号被保険者

勤務先に確定給付企業年金がある人や公務員など厚生年金に加入できる人
掛金は毎月5,000円~23,000円(年間で最大276,000円の所得控除)

企業型DC(企業型確定拠出年金)に加入している場合、合算した金額になります。
拠出限度額が増えるわけではありません。

第3号被保険者

第2号被保険者の被扶養配偶者(専業主婦など)
掛金は毎月5,000円~23,000円(年間で最大276,000円の所得控除)

ただし、収入が少なく所得税や住民税を支払っていない場合の所得控除はありません。
後述する、運用益についてのメリットのみとなります。

運用益は全額非課税

利息・配当・売却益などの運用益は全額非課税です。

受け取り方は3種類

  • 一括で一時金として受け取る方法
  • 分割して年金として受け取る方法
  • 両者を組み合わせる方法

一時金で受け取る場合

退職金と同じ「退職所得」として扱われます。

退職金のない自営業者や専業・パート主婦は退職所得の控除枠のすべてをiDeCoに使え、税負担が軽くなります。
一方で、退職金のあるサラリーマンは、退職所得の総額が多くなる為控除枠を上回ってしまう可能性があります。税率が上がり、かえって税負担増になる可能性があります。

年金で受け取る場合

年金で受け取る場合は手数料がかかります。

口座管理手数料として、毎月66円(60円+消費税)
振込手数料として振込の度、440円(400円+消費税)

メリットは、60歳を過ぎても給付金をすべて受け取り終わるまで運用を継続出来ます。

総額が増える可能性もありますが、逆の場合もあります。
定期預金にすることで、リスクを最小限に抑えることもできます。

デメリットは、税の優遇は一時金ほど大きくありません。
年金として受け取ることで月々の所得が増えれば、社会保険料も増える可能性もあります。
年金の受け取り可能年数は、5年以上20年以下です。

一時金と年金を組み合わせる場合

受け取り方をどうするか選択出来る金融機関が多いです。

一時金として先に受け取り、残額は年金で受け取る。
もしくは、先に年金として受け取り、残額は一括で受け取る。

年金で受け取る年数と、1年間に受け取れる回数は金融機関ごとに異なりますので、要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました