ロードバイクフレームの素材や材質の違い

ロードバイク

素材の種類

「フレームの素材が変わると何が違うの?」

こんな疑問を持つ初心者さんが多いのでは?
フレーム素材や材質の種類と違いについての記事です。

スチール(クロモリ)フレームの特徴

Raleigh Carlton-A

コンポーネント SHIMANO SORA

価格 10万円

デザインが人気のフレーム。 クロム、モリブデン(クロモリ)を混ぜた鉄を主成分とした合金。
細いフレームの、シンプルかつ洗練されたデザインが可能。根強い人気がある。

メリット

  • 価格がそこそこ
  • 衝撃に強い
  • 乗り心地が良い

デメリット

  • 錆びやすい
  • 重量が重い

アルミフレームの特徴

GIANT CONTEND 1

コンポーネント SHIMANO SORA

価格 9.8万円

軽いのに安い人気のフレーム。低価格の為、エントリーモデルに多いです。
カーボンフォーク+アルミの弱点の乗り心地を軽減するものもあります。

メリット

  • 低価格
  • 錆びにくい
  • 軽量
  • 衝撃に強い

デメリット

  • 他の素材より乗り心地が悪い

フルカーボンの特徴

Bianchi INTENSO

コンポーネント SHIMANO SORA

価格 17.8万円

性能が高さが人気のフレーム。転倒事故で割れやすい等デメリットもあるが、
価格に納得できれば、迷わずオススメ!

メリット

  • 錆びにくい
  • 軽量
  • 乗り心地が良い

デメリット

  • 高価格
  • 衝撃に弱い

まとめ

画像の車種は、コンポーネントのグレードを合わせていますが、フレーム素材の違いは
傾向があるというだけで、グレードが上がる(高値になる)と弱点の性質をカバーしています。車種による為、実際に試乗して体験してみることが一番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました