失敗しない為のお店選び

ロードバイク

ロードバイクを売っているお店の種類

実店舗や通販など選択肢が色々あります。安いのは通販です。

ただし、価格よりも重視するべきことがあります。不慣れな初心者にはプロからのアドバイスが一番貴重だったりします。

海外取り寄せや、トラブルの多い個人の中古売買は最初の1台としては推奨しません。

自転車専門 個人店

いやゆる街の自転車屋さんです。基本的にはママチャリなど、シティバイクの販売修理が中心です。スポーツ車専門個人店とはまた別です。主な利用としては、遠出をした際のパンクなど、緊急時の利用でしょうか。適合するチューブ等は扱っていることがあります。

チェーン量販店 大手

  • サイクルベースあさひ

など、チェーン展開の量販店で、完成車販売が中心です。

メリット

  • 初心者が利用しやすい
  • 型落ちのセールがある。
  • 工賃が安い。

デメリット

  • アフターケアは、高級車を預けるのはやや不安
  • 技術力はスタッフによるが、シティサイクル向き
  • 品揃えはエントリーモデルが多め

スポーツバイク専門 大手

  • Y’sRoad

など、チェーン展開のプロショップです。 初心者から上級者まで利用できます。

メリット

  • 品揃えが多く、メーカー別に比較が可能
  • 割引がある、工賃もそこそこ
  • 走行会などのイベントが多く、仲間をつくりやすい

デメリット

  • 個人専門店と比較するとオーダーの自由度が劣る

スポーツバイク専門 小規模

スポーツバイク専門のプロショップ。お店の雰囲気はオーナーによります。元プロレーサーの方など、深い知識のある方が多いです。

メリット

  • 技術力がトップクラス
  • 相談やアフターケアに最適

デメリット

  • 初心者には敷居が高い
  • 工賃が高い
  • 基本的にはミドルグレード以上の品揃え
  • 特定ブランドの品揃えになりやすく比較できない

メーカー直営店

  • GIANTストア
  • TREKストア

など、特定メーカーが直営店販売をおこなっています。

メリット

  • そのブランドに関する深い知識があり、試乗出来る
  • 直営店でしか購入できない車体やアクセサリーがある
  • 購入車体のライトメンテナンス無料など、サービスがいい

デメリット

  • 違うブランドとの比較できない
  • 初心者には敷居が高い

ネットショップ

  • 楽天
  • Amazon
  • 大手プロショップのネットサイト

いろいろな販売ルートがあります。上級者なら問題ないかも?初心者はお勧めしません。

メリット

  • 価格が一番安い

デメリット

  • 購入前に試乗出来ない
  • 仮組みで届くため、組み立てる技術、自己メンテナンスが必要
  • トラブルが起きてもアドバイスなどの相談ができない

まとめ

色やデザインなど、特定のメーカーや欲しい車体が決まっている場合は、迷わず直営店でいいと思います。購入前に試乗ができ、サイズ合わせも同型でできる可能性が高く、在庫も豊富ですので。

いろいろ比較したい場合は、 チェーン展開の大手ショップ がオススメです。
初心者にも優しくサービス面で困ることはありませんので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました