初心者のためのロードバイクの選び方

ロードバイク

ロードバイクを初めて購入する初心者さんの為のロードバイクの選び方を解説します。

「種類がたくさんあってどれを購入していいかわからない。」
「何が必要なのかわからない・・・」

最初はわからないことだらけですよね。私もそうでした。みんな最初は初心者です。

「諦めずにロードバイクライフを楽しみたい!」そんな気持ちを応援しています!!

ロードバイクってどんな自転車?

ロードバイクとは

舗装路にて高速走行する為のスポーツタイプの自転車のことです。
「ロードレーサー」とも呼ばれます。ツール・ド・フランスなどの自転車ロードレースで用いられる場合が多いですが、近年のロードバイク人気で、通勤通学にも利用される方が多くなっています。どんどん普及してほしいですね。

最初に決めること

ロードバイクには、多くのメーカーがあり、パーツも含め多くの選択肢があります。
高額な買物なので、選び方を間違えて後悔したくはないですよね。
まず、用途と予算を決めます。
高額なものほど性能も高いですが、用途が違うと本来の性能を引き出す事ができません。

予算の範囲内で、用途に合った自転車を探すのが効率的ですね。

予算はいくらまで?

クロスバイクなら、3~10万円
ロードバイクなら、8~100万円以上 価格=性能の幅があります。

加えてヘルメットやウェア、ライトなどの装備、パンク対策道具、空気入れ
防犯登録料として600円がかかります。
自転車本体以外に2万円程度の余裕は持っていたほうがいいですね。

あと、忘れてはいけないのが自転車保険です。
加入義務も徐々に全国的に広まっています。(2019年11月現在)

関連記事 ロードバイクに乗るための必需品

ロードバイクで何をしたい?

まずは用途で選びます。
ロードバイクを買って何をしたいのか、どのように楽しみたいのかを明確にしましょう。

その目的がはっきりすると選ぶべきモデルが見えてきます。ここがズレていると、
せっかく購入したロードバイクを使わなくなり、いずれは売却してしまいます。

余談ですが、わたくしシオンは最初に購入したのはクロスバイクでした。
低価格がゆえの理由ですが、性能向上のため徐々にパーツ換装を行いました。
フレーム以外のほとんどのパーツを換装しましたが、最終的にロードバイクを購入しました。

今考えると、最初からロードバイクを買ったほうがよかったかもしれませんね(;^_^A

ロングライドのツーリング、峠道をかけあがるヒルクライム

スポーツバイク本来の用途といえます。ロードバイクが適しています。

短距離の通勤通学、買い物

ロードバイクよりもクロスバイクが向いているかもしれません。理由はいくつかあります。

  • 長時間目の届かない場所に止めておく必要があるため、高額なロードバイクは盗難が心配。
  • 鞄や荷物を入れるカゴや、自転車を止めるスタンドがついていることが多い。

初心者としては、乗りこなすまでの間に様々な悩みを抱えることになりかねません。

ダイエットや運動不足解消

距離や負荷によります。15kmを超える距離でしたらロードバイクの方がよいでしょう。
舗装路以外など路面の状況がよくないようでしたらクロスバイクの方がおすすめです。

乗りたい自転車を選ぼう

予算内で用途に合うロードバイク、クロスバイクが決まったら、乗りたい自転車を選びましょう。フレームの素材や材質で乗り心地などの性能も変わりますが、デザインが好きで購入することもありだと思います。好きな色やデザインの自転車というのは、愛着が持てますよ。

関連記事 ロードバイクフレームの素材や材質の違い

関連記事 女性用ロードバイクの選び方

試乗しよう

乗りたい自転車が決まったら、購入前に実店舗で試乗しましょう。
サイズ確認もわすれずしましょう。

交通マナーと保険

ロードバイクはプロ級ともなると、時速50km以上で走ることも可能な乗り物です。体が剥き出しなので事故をすると大ケガの可能性があります。交通マナーはまもり、ヘルメットを必ずつけましょう。車の接触事故が多い交差点や 通行人を巻き込む事故など起こす可能性は常にあります。

自動車保険加入は、自分だけでなく相手への補償もあります。ロードバイクの普及に合わせ、
義務化の流れは止まらないでしょう。必ず保険に入りましょう。

まとめ

  • 予算を決めて、用途で車種を絞りましょう。
  • 大まかにロードバイクやクロスバイクなど乗りたいものを決めましょう。
  • 実店舗で試乗してみましょう。
  • 保険には入りましょう。事故なしで楽しいロードバイクライフを。

関連記事  失敗しない為のお店選び

コメント

タイトルとURLをコピーしました