女性向けロードバイクの選び方

ロードバイク

近年のロードバイクブームもあり、女性のロードバイクユーザーも増えています。
この記事では、女性向けロードバイクの選び方を紹介します。

レディースモデルの違い

男性用ロードバイクとは、パーツに違いがあります。各パーツについてみていきましょう。

サドルの幅の広さ

女性は骨盤が男性より広いためサドルの形状も違います。細めのサドルだと腰の位置が安定せず、ペダリングも不安定になります。座骨がサドルから落ちないような安定したポジションをとるために、専用のサドルを使用しましょう。

フレーム

体形の差が影響するパーツとして、腕の長さと筋肉量の差が影響します。

前傾姿勢をとるロードバイクは腕が短いと、ハンドルとの距離が近くなりすぎて、前のめりになりやすくなってしまいます。また、筋肉量が少ないと前傾姿勢の維持も難しくなってしまいます。その為、ハンドルの位置が少し高めに設計されています。

ハンドルとサドルの距離も短く設定されていて、わずかにアップライドになります。

フレームのサイズがサイジングに大きく影響するので、なるべく実車での計測をおすすめします。

ハンドルとブレーキ

女性は肩幅がせまく、男性用のハンドル幅だと、腕を広げた姿勢になってしまいます。そうなると体重を支えるために、腕や肩に負荷がかかって疲れやすく、ケガをしやすくなります。

ブレーキレバーとグリップも小さ目なものでないと小まめな操作がしずらく危険です。最近では手の小さい方向けの調整できるものもあるのでオススメします。

女性ならではの楽しみ方

レディースウェア

かわいいデザイン、おしゃれなレディースジャージは気分を上げ、ロードバイクライフを楽しくしてくれます。メーカーも女性をターゲットにして商品展開を急速に増やしています。

快適なライドを行う上で、 柔軟な素材と設計のサイクルウェアは必須です。

まとめ

  • サドルの大きさ
  • フレームサイズ
  • ハンドル幅とグリップの太さ

以上の違いに気を付けながら、お気に入りのウェアを着て楽しくロードバイクを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました